ホンダは、優れた走行性能と環境性能を合わせもつ人気のスクーターPCXとPCX150をフルモデルチェンジし、PCXは4月24日(木)に、PCX150は5月16日(金)に発売する。ヘッドライドほか全灯火器にLEDが採用されているほかカウル形状も変更されている。また、エンジンのトルク特性アップや両モデルともに燃料タンクが8リットルに増えている。



「PCX」と「PCX150」をフルモデルチェンジし発売

Hondaは、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ているスクーター「PCX」と「PCX150」をフルモデルチェンジし、PCXを4月24日(木)に、PCX150は5月16日(金)に発売します。

スタイリングは、125ccの原付二種スクーターのPCX、150ccの軽二輪スクーターPCX150ともに、ヘッドライト、テールランプ、ウインカーランプ、ライセンスランプの全灯火器にLEDを採用したほか、新設計のフロント・リアカウルを採用するなど、さらにスタイリッシュで高級感のある外観としています。

エンジンは、耐久性と静粛性、燃費性能に優れたスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」の一部を改良し、低・中速域の力強いトルク特性とすることで、両車種ともに燃費性能の向上を実現しています。なお、停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑止するアイドリングストップシステムも継続して搭載しています。

車体・足回りは、両車種ともに、従来モデル同様の大径14インチタイヤを前後に採用。リアタイヤには、転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを新たに採用し、燃費性能の向上に寄与しています。シートは、バックレスト一体型とし、ライディングポジションの自由度を高める形状としながら、良好な足着き性を確保しています。

装備面では、両車種ともに燃料タンク容量を従来モデルの5.9Lから8.0Lに増やすことで、給油の頻度を低減し航続距離を高めるなど、使い勝手の向上を図っています。

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)/
 PCX 329,400円(消費税抜き本体価格 305,000円)
 PCX150 360,720円(消費税抜き本体価格 334,000円)





以下略





ツイッターの反応

ホンダ、PCXシリーズをフルモデルチェンジ…燃費向上など | レスポンス やや高くなったが低燃費化、燃料タンク大容量化は嬉しい。MTなら買うんだけど

— さむいさむい@ダイエット中 (@samuisamuisamui)

釣り上がりすぎた「目」はいいかげんうんざりだけど燃費向上とタンク増量は◎。高速道路での操縦安定性が向上していることを望む。旧型は乱気流に弱かったからね/ホンダ、PCXシリーズをフルモデルチェンジ さんから

— Mr.Tamago (@StarDuster2012)

前のデザインの方がいい気がする 

— 睦堯幡 (@Edward_Moo)

ホンダ、PCXシリーズをフルモデルチェンジ  125は4/24、150は5/16発売だそう。全灯火器LED化と燃料タンク容量8Lになったのいいね。125だと40km/L走るだろうから、無給油で300km以上走れる!

— だいちゃん (@daicyan)



一回の給油で300km?
スクーターはやっぱり燃費いいなー





1001:以下、Gruenkompetenzがおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品